FC2ブログ
★もにょにょ~んはにゃあ★ ホーム » DragonAge INQUISITION(1周目クリア) »DragonAge INQUISITION プレイ日記 12 時をかけるエルフ

DragonAge INQUISITION プレイ日記 12 時をかけるエルフ  

夫にドラゴンエイジでドリアンっていう魔道士めっちゃかっこよくない?
ちょっとジョニー・デップに似てるくない!?とうきうきしながら話してたら、
「俺QUEENのフレディに似てると思った」と言われました。
まさか…、そんな…でも確かに似てるかも…。
比較画像
似てた。

これは兄弟って言われてもちょっとわからんかもしらんね…。
ていうかドリアンに対する私の脳内印象がジョニーデップからフレディに書き変わって
しまったから以降あんまりかっこいいって思えなさそうだ…。
いや、フレディがかっこ悪いとかじゃなくてね?かっこいいけどジョニーデップとフレディの
かっこよさってなんか違うじゃん?(似たようなとこはある気がするけど)

ドリアンの白タンクトップ…。意外と似合うんじゃない^q^

以下ストーリーネタバレです。
いよいよレッドクリフ城に乗り込む主人公たち。
裏ではレリアナと彼女の部下たちが城を制圧しに侵入しています。
amarec(20141206-013144).jpeg
う~ん白々しい。ホントはうちらのこと殺す気だよね?

本当なら密偵が城を制圧する時間を稼ぐような会話をしなきゃいけないんだろうけど、
先の展開が気になってしまったのでアレクシウスにヴェナトリの事をさくっと聞いてしまいました^q^
そしてその言葉を聞いた途端、アレクシウスの様子が変わります。

なんでもヴェナトリという教団は古の者を頂点として組織されており、
この世界を支配する為に空の亀裂を作ったようです。
で、主人公の手にある印は本当は古の者がゲットする予定だったとか。
古の者は本来自分が手に入れるはずだった力を主人公が手にいれ、自分が神となるために
作り出した裂け目をその印で次々と封印していくのが気に食わないようです。
そしてアレクシウスは古の者に仕える事で不治の病にかかっているフェリクスを助けてもらう
約束をしているようです。
ちょっと過保護すぎやしませんかねー。息子さんも全く望んでないようですよ?

主人公たちを部下に命じて殺そうとするアレクシウス。
しかし優秀なレリアナとその密偵が、話を終える頃には城内の兵士たちを一掃していました。
すると…なんということでしょう!
amarec(20141206-013532).jpeg
amarec(20141206-013535).jpeg
おまえも天の裂け目使えたのかアレクシウスッッ!!!!

これは予想外!主人公たちはあっという間に時空の穴へと吸い込まれてしまいます。
そして再び目を覚ました時、主人公たちは随分と様子の変わったレッドクリフ城にいました。
仲間たちはいないけどドリアンは一緒に同じ時空へと飛ばされてしまった模様。
amarec(20141206-013634).jpeg
余裕あるなぁ。

今回の転移はアレクシウスが転移先を指定出来ていない事、裂け目の広さを考えると
主人公とドリアン以外の仲間は一緒に転移していない事、アレクシウスが転移の術を使う際に
集束点として使用していた首飾りを使えば元の時間に戻れるかもしれないという事をドリアンが
話してくれます。

一刻も早く元の時間に戻るために城内を進む主人公とドリアン。
レッドクリフ城内はレッド・リリウムがあちらこちらで増殖していて不気味な雰囲気。
途中で見つけた仲間たちもレッド・リリウムに侵されていて、その命は長くないらしい…。
amarec(20141206-014903).jpeg
それでもアレクシウスや古の者に立ち向かいたい事を告げると、立ち上がってついてきてくれます。
うぅ、なんか色々心が痛い…。

仲間たちの話によるとどうやら主人公たちは1年後のレッドクリフ城に飛ばされた様子。
1年後の世界はすでに古の者が支配しており、人々はレッド・リリウムによって精神を壊されたり
体調に異常をきたしたりして死に絶えていっているようです。仲間たちも例外なく…。

拷問されていたレリアナはほかの誰よりも悲壮な姿に変わり果てていました。
amarec(20141206-020501).jpeg
それでも芯の強さは全く変わらず。1年前裂け目に飲まれて死んだものだと思っていた主人公が
突然現れても、その理由さえ必要とせずに古の者とアレクシウスに立ち向かおうとします。
うわああぁぁレリアナごめんね!!でもまさか時空に飛ばされるなんて思ってなかったんだよー!!

レリアナがこんなに顔が変わっちゃったのは、心労だけじゃないんだよね。
城内に落ちてるメモを読むと、審問会の仲間たちは他の一般人と違ってレッド・リリウムへの耐性が
非常に強くなかなか死ななかった様子。
だからその原因を調べるためにレリアナは古の者の部下達から皮膚を切り取られたり、
剝されたりして一般人に移植する実験の材料になってたみたいです。

おえええぇぇ、ぐっろ…。
もはや古の者に憤慨するよりも、製作者にその手の嗜好があるサド野郎がいるんじゃないかと
邪推してしまうレベルなんですが。
メリケン容赦なさすぎ。

古の者、アレクシウス及び製作者に怒りを覚えながら玉座へと向かいます。
そこにはアレクシウスと…ゾンビかな?
amarec(20141206-023808).jpeg
アレクシウスによると、古の者の力によって死なずに済んだフェリクスのようです。
いやこれ死んだ方がマシやんけ。
っていうかもともとフェリクス延命治療望んでなかったじゃん。じじいは息子の人格に敬意を払えや。
ここでアレクシウスとバトルに突入します。

そんなにつらくないボス戦だと思います。
定期的に天の裂け目を開けてホラーを召喚してくるので、さくっと封印すると被害が少ないです。

アレクシウスを倒し、首飾りをゲットするとドリアンが元の時空に戻る魔法を構成し始めます。
しかし主人公たちに気付いた古の者が部下を続々とレッドクリフ城内に入城させている模様。
仲間たちは時間を稼ぐためにその身を盾にして敵に立ち向かってくれます。
amarec(20141206-024338).jpeg
うわー!やめてー!やめてー!!(´;ω;`)
ホントこういうの無理!!泣いちゃうよ!!
大人だから泣かないけどプレイ中胸が痛くて仕方なかったです。
次は絶対二度と見殺しになんかしないから…!

息絶えていく仲間を見ながら主人公とドリアンは無事元の時空に転移。
戻ってきた主人公たちを見てあっさりと降服を認めます。
amarec(20141206-024506).jpeg

これで一件落着かと思いきや、魔道士たちにレッドクリフを開放していた領主が
この状況にものすごく怒っている様子。
amarec(20141206-024604).jpeg
魔道士たちが好き勝手する前に言って欲しかったけど仕方ないね。

こうしてレッドクリフから追放された魔道士たちを審問会で引き取る事に。
amarec(20141206-024718).jpeg
捕虜にするほど嫌ってもないので、同盟を組むことにしました。
これが今後どう影響するのかわくわくどきどき、ちょっとぶるぶるです。
ちなみにこの選択肢で仲間たちの好感度が上がったり下がったりしてました。

好感度下がりまくったら仲間が審問会から抜けちゃうってホントなのかな~。
今回は誰も取りこぼしたくないから、たとえ八方美人になってでも全員いる状態でラスボスに挑みたいです。
スポンサーサイト



category: DragonAge INQUISITION(1周目クリア)

thread: ゲームプレイ日記・雑記

janre: ゲーム

tb: 0   cm: 4

コメント

フレディ・マーキュリーが元ネタなんじゃないの?
マジで!このドリアンってバイセクシャルでしょ。そのキャラが問題でインドで発売中止だとか。
このキャラだけじゃないけど、同性愛展開もありだからね!

ちなみに八方美人も無理みたいですw
誰かが上がれば、誰かが下がる。お気に入りに注意するしかないっぽいよ。

Hanshin1985 #- | URL
2014/12/09 21:42 | edit

付けたしスマヌ。

ほれ↓
http://www.4gamer.net/games/185/G018568/20141118031/

Hanshin1985 #- | URL
2014/12/09 21:46 | edit

好感度しだいでPTが抜けてしまうというのは、八方美人プレイは難しいですね。私の方は今のところPT抜けているものはいませんが今後の展開では、どうなることやら、このPTの人数で最終のエンディングが変化するのでしょうかね?

30代のおやっさん #- | URL
2014/12/10 10:29 | edit

>阪神さん
ドリアンはバイじゃなくてゲイでした。
顔も性癖も似てるなんて確かに元ネタになってるかもしれないですね~。

全員に八方美人無理なのか~。
じゃあせめてPTから逃げないくらいの好感度を保ちたい…。

>おやっさん
マルチエンディングの条件も気になるところですよね。
とりあえずは一周クリアした後に情報みながら見てみたいな~と思ってますが。
職業もいっぱいあるし飽きない限りは周回プレイしたいです!

もにょ子 #- | URL
2014/12/10 20:49 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nyonyonyon.blog76.fc2.com/tb.php/394-f72e7ed4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Twitter始めました!

カウンター

ブログ内検索

ブログランキング

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

過去の記事倉庫

▲ Pagetop