FC2ブログ
★もにょにょ~んはにゃあ★ ホーム » WITCHER3(クリア) »ウィッチャー3プレイ日記 19 血塗れ男爵一家の結末

ウィッチャー3プレイ日記 19 血塗れ男爵一家の結末  

前回のウィッチャー3に出てきた正体が分からずじまいの謎の物体Xなんですけど、
あれって多分沼地の魔女たちのお母さんなのでは?という事が分かりました。

最近ノヴィグラドにやっと着いたんだけど、そこで人の家をあさってたら
「始まりの魔女」(だった気がする)という題名の本があったんだよね。
で、その本を読んだら沼地の魔女とその母の事について書いてありました。

最初に一人の魔女がヴェレンを支配してたんだけど、寂しくなったので
三人の娘を作った。三人の娘と母は暫くは仲良くヴェレンを支配してたんだけど、
母親がどんどん錯乱して行き、ヴェレンは混沌としていった。

ヴェレンを良く支配したいと思った三人の娘は母を殺害しその死体を沼地に葬り、
消えない魂は大きな木の根元に封じ込めた。
以来その魂は怒りと狂気を持ったままその木に留まり続けており、
三人の娘たちはヴェレンを治め続けている。
とかいう内容だったような。

内容からして絶対沼地の魔女のお母さんだよね、あれって。
本の内容見る限りは消滅させるで正解だったのかな?と思ったり。

今日もウィッチャー3プレイ日記です。


沼地の魔女のしもべとなってしまっていた血塗れ男爵の奥さんアンナ。
彼女の所在を突き止めたゲラルトはその事を血塗れ男爵に報告。
すると血塗れ男爵は、自分の家庭で何が起こったのかを正直に話してくれました。
amarec(20150723-185940).jpeg

簡単に言うと、アンナさんが不倫してたから両成敗だもん!!って事ですかね^q^
血塗れ男爵はアンナさんと結婚して娘のタマラちゃんが生まれた後、戦争に駆り出されまくって
なかなか家に帰れなかったらしいです。アンナさんはその間に幼馴染の男と不倫してたらしいですよ。
しかも不倫期間3年。っあーおぅ!/(^o^)\

ある日逢引の手紙を発見してしまった男爵は、妻と娘を取り戻すために不倫相手の男の家へと
向かったんだけど、いざ本人を目の当たりすると憎しみを抑えきれなくなっちゃって
男を殺して犬の餌にしちゃったそうです。男爵すげーなおい(;・∀・)

それを見て怒ったアンナは男爵を殺しにかかり、その時初めて男爵は彼女を殴ったそうです。

amarec(20150723-190210).jpeg
アンナさん微塵も反省が無い様子。

あのさー、これってアンナさんが悪いと思うよ私は。ウィッチャー3では両成敗みたく描かれてるけど。
男爵が酒癖悪くなったのも家にずーっと帰れないまま戦争に参加しっぱなしだったからみたいだし。
男爵が悪かったのって不倫相手を殺して犬の餌にしちゃったくらいじゃなかろうか。
あ、後は不貞を働いた伴侶と別れなかったのも悪い所だと思う。
子供がいなかったら別にそれでもいいけど、子供がいてそれはマズいよ~。
実際修復しきれなくて最悪の家庭状況になってたみたいだし。
でもそれだって、男爵はアンナさんのこと好きだから別れられなかったんだろうし。

まぁそんなどうしようもないアンナさんなんですが、彼女の近況を聞いて血塗れ男爵は
沼地へ彼女を助けに行く!と言い出します。そして、その手伝いをゲラルトに頼みたいとも。
amarec(20150723-191308).jpeg
いい加減ほっとけよ^^;と思いながらも、まぁ男爵が彼女を助けたいなら手伝ってあげたいと思ったので
同行する事にしました。血塗れ男爵、結構好きです。

で、血塗れ男爵との約束を果たしたゲラルトはいよいよシリちゃんについて話してもらう事に。

バシリスクに襲われた男爵を助けるため、シリは転移魔法を使ってしまったようで。
転移魔法を使うとワイルドハントに居場所がばれてしまうという事を知っていたシリは、
血塗れ男爵たちを巻き添えにしないためにノヴィグラドへと旅立ったようでした。
amarec(20150723-191100).jpeg
シリの新たな手がかりを得たゲラルトは、ノヴィグラドへと向かう事に。
そして男爵はアンナを助けるために沼地へと向かいます。
ここで家庭の事情クエスト完了となりました。男爵の手助けはサブクエになるみたいですね。

勿論ノヴィグラドに行く前に男爵クエを済ませてから行く事にしました!

クリアしたサブクエスト。

再びクルックバック湿原へ

男爵一家の結末が見られるクエ。
メインストーリーの進め方次第で、この一家の結末も変わります。

妻アンナを助けるために沼地の小屋へと行く血塗れ男爵。そしてそれに同行するゲラルトさん。
偶然にも、永遠の炎の仲間を率いたタマラも沼地の小屋へと母を助けに来ていました。

久々にタマラに会って喜ぶ男爵ですが、勿論タマラは断固拒否。
amarec(20150723-192717).jpeg
amarec(20150723-192722).jpeg
まぁ気持ちは分かるけど(;・∀・) でもおめーのかーちゃんのほうが酷い事してるからぁ!!
タマラはアンナが不貞を働いた事しってるんですかね~?
タマラがアンナに言うとは思えないし、
血塗れ伯爵も絶対に言わないと思うから知らないのかなと私は思うんですが。
知ってて母親の味方してたら私結構ドン引きなんですけど。

そして問題のアンナなんですが・・・
amarec(20150723-193008).jpeg
どうやら精神が壊れてしまっている様子。

タマラはゲラルトに闇の呪文にかけられて精神が錯乱している母親を助けて欲しいと
言われるんだけど、ゲラルトはそれを否定。
amarec(20150723-193452).jpeg
大切なものを次々と失ってしまったから、アンナは壊れてしまったっていう事なんですかね。
自業自得感がハンパないので同情はできませんが。

見るも無残な状態のアンナを助けるために、血塗れ男爵は一つの案を出してきました。
amarec(20150723-193508).jpeg
選択肢が出たので、肯定するほうを選ぶと男爵はアンナを連れて去っていきました。
タマラにはアンナが治ったら必ず二人でタマラの元へ戻ると言い残して。
タマラもとうとう男爵の言う事を信じて、二人を見送ります。

どうしてそこまでして家族を続けようとするのか私には良く分からなかった。
アンナが一番悪いと思うけど、中途半端な情のせいでひどい家庭環境をタマラに与え続けた
血塗れ男爵も悪いと思うし。結局こういう展開で一番被害を被るのって子供なんだよね・・・。
タマラは結局父親を許して家族に参加し続けそうだったけど、私だったら絶対無理だな~。

最後に私、どうしても疑問に思っちゃうんだけど・・・
ボッチリングの父親ってホントに血塗れ男爵だったのかな?
あんだけ仲悪いなら子作りする余裕なんて無かったと思うんですけどねー。
この家庭の闇は深そう。まぁ男爵とタマラには幸せになって欲しいなと思います。


愚者の黄金

開幕の選択肢を間違えると酷い事になりそうなクエ。
知らない人から食べ物はもらっちゃダメだよ!というお母さんの言葉は二次元でも通用しそうです。

ある日ラーチの村に行くと、盗賊たちが一匹の豚を丸焼きにしていました。
声を掛けるとこの豚一緒に食べる~?と誘われます。
amarec(20150725-025910).jpeg
なんかクエスト開始前に盗賊の近くでその豚食うな~!と怒っている村人がいたので、
食べたら可哀想だなと思って断ったんだよね。それが良かった。

断った後、村人が豚を食べるなと盗賊に突っかかっていきます。
盗賊が村人を痛めつけようとするので、とりあえず助けてあげました。

よっぽど大事な豚だったんだな~と思っているとなんとその村人、
この豚たちは魔法で豚にされた人間たちだと説明してくれます。
村には豚しかいないので豚を調べてみると、確かに魔法にかけられている様子。マジで人間か・・・。
と言う事はあの時豚を食べる選択肢をしていたら・・・(((( ;゚д゚)))アワワワワ

唯一魔法にかかっていない村人ヨンテクから、魔法を解いてくれ!と頼まれます。
勿論いいぜ。なんかおもろそうだし。

詳しく話を聞いてみると、ある日「豚小屋」の鍵を拾ったヨンテクは、その鍵を村の仲間に見せたそうです。
すると彼は村人たちを率いて「豚小屋」に行き、そこでみんな豚にされてしまったそうな。
まぁ良く意味が分からないので、とりあえずヨンテクから鍵を借りて豚小屋に行ってみる事に。
amarec(20150725-030406).jpeg

ヨンテクが「豚小屋」と言っていた場所は、神殿の遺跡みたいなところでした。
お豚様が祭ってある神殿。
amarec(20150725-031312).jpeg

神殿には一匹の豚が。その豚も元は人間だった様子。
人の言葉が分かるようなので「YESだと鳴き声1回、NOだと鳴き声2回」と取り決めて意思疎通をする事で、
この神殿にあった黄金を持っていったせいで村人たちが呪いをかけられた事がわかります。
amarec(20150725-031202).jpeg
この豚さんと会話してるゲラルトさん、めっちゃシュールw
豚さんも律儀に返事してくれるのでなんか癒されます(´∀`*)

黄金を元の場所に返せば呪いも解けそうなので、一旦戻って村人ヨンテクに黄金のありかを尋ねる事に。
amarec(20150725-031840).jpeg
村人ヨンテクは黄金をくすねたりしないで、誰にも見つからないところに保管していたようです。
ちなみに彼は村人と一緒に遺跡に行かなかったので呪いに掛からなかったそうな。

黄金を戻す時に豚たちも現場にいないと呪いが解けないみたいなので、村人ヨンテクに黄金を頼み、
ゲラルトは道中豚たちの護衛をする事になりました。
amarec(20150725-032300).jpeg
なんか狼とか襲って来そう・・・。とドキドキしてたら、狼じゃなくて餓鬼が襲ってきました^q^
勿論豚を攻撃されると村人が死ぬ事になるので、必死で護衛したよ!!

神殿に着いてから黄金を元の位置に戻すと、豚が元の姿へと戻ります。
amarec(20150725-032511).jpeg
村人たちにお礼を言われるので、村人ヨンテクのお陰だよ!と謙遜すると
なんと村人たち、この鍵持ってきたのはヨンテクなんだから、元はといえばこいつがわるいんじゃー!!
と怒り出します。ヨンテク君豚を守るために何度も盗賊に殴られていたと言うのに・・・。
なんて恩知らずなやつらなんだー!!

助けるか助けないかの選択肢が出たので、勿論助けるを選択して村人ヨンテクを守りました。
amarec(20150725-032548).jpeg
ヨンテクは命拾いしたけど、ゲラルトは彼に村に居場所は無いだろうから村から出て行って
余所で暮らしたほうがいいと言います。ヨンテクもそうすると言って去っていき、クエスト完了。

なんかみんな豚のままにしておいたほうが幸せだったのかなと思わずにはいられないサブクエでした^q^
スポンサーサイト



category: WITCHER3(クリア)

thread: ウィッチャー3

janre: ゲーム

tb: 0   cm: 5

コメント

血まみれ男爵一家のクエスト、こちらの結末を選ばれたんですね。
どちらを選んでも犠牲が出るなんて悩ましいクエストですよね~。

物体Xって結局何だったんだろうと疑問に思ってましたが、本にそんな情報があったんですね!
でも正体が錯乱した魔女だとしたら、孤児たちを助けると言ってたのも疑わしいですよね…。
物体Xを解放した場合には孤児たちをさらったままどこかへ消えてしまうので、まさか貴婦人たちと同じように…とか思ったら怖くなりました。
実は孤児たちを救えるルートがなかったとしたら憂鬱です…。

梨矢子 #- | URL
2015/07/27 22:26 | edit

木のにいた物体Xは、始まりの魔女だったんですね!
そういえば、もにょ子さんの書いてくれていた本を私も読んだ気がします。

でも、確かこの物体Xは自分のことをドルイドとか言ってた気がします。
てことは、始まりの魔女とは元ドルイドのことで、このドルイドが妖婆を作り出したが、この妖婆たちによって、木の根元に封じられた?てことなのでしょう!

それにしても、愚者の黄金てクエ私もしてみたかったですww
なんか豚になった村人の後ろをついて歩くゲラルトさんのSSが凄くシュールでしたw

30代のおやっさん #- | URL
2015/07/28 16:27 | edit

>梨矢子さん
血塗れ男爵に幸せになって欲しい気持ちを捨て切れなくてこの結果です!

確かに余所でみた物体Xを助けるルート、明確に子供が助かったのかどうかは
分からずじまいですよね。
も、もしかして梨矢子さんの言うとおりどっちを選んでも子供たちは
救えてないのだとしたら、かなり怖いですねこのゲーム(;・∀・)

>おやっさん
血塗れ男爵メインクエより前に読んだ事あるっぽかったのですが、
クリアしてから偶然再読して物体Xの正体がなんとなく分かった感じです。

確かに、物体Xの話と本の話を繋げるとそういうことになりますね!
なんだかどんどん謎が解けて気持ちが良いですw考察感謝です。

愚者の黄金クエはなかなか面白いクエストでしたよ~。
豚を率いて歩いたり、豚さんと会話するゲラルトさんは是非見て欲しいです。
すごく面白いのでw

もにょ子 #- | URL
2015/07/28 20:41 | edit

物体Xを助けると、湿原の子供達はノヴィグラドにある学校?みたいなところに運ばれるらしいですよ

まれ #- | URL
2015/11/13 12:01 | edit

>まれさん
コメント有難うございます!
物体Xはちゃんと約束を守ってくれるんですね~、良かったです。
子供たちを生かす選択をしてたらノヴィグラドで彼らのその後が見られるんですね。
そう考えると物体Xと取引するルートも見てみたかったなと思いました。

もにょ子 #- | URL
2015/11/13 17:31 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nyonyonyon.blog76.fc2.com/tb.php/531-d06b1a0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Twitter始めました!

カウンター

ブログ内検索

ブログランキング

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

過去の記事倉庫

▲ Pagetop