FC2ブログ
★もにょにょ~んはにゃあ★ ホーム » WITCHER3(クリア) »ウィッチャー3プレイ日記46 ヴェセミルの仇を討て!

ウィッチャー3プレイ日記46 ヴェセミルの仇を討て!  

久々に散髪にいってすっきり~。
定期的にいかなきゃいけないのは分かってるんだけど、腰の重い私は
結構髪伸びないと行かないです。高いし。

ほとんど外に出ないので別に髪を毎日気にする必要もないってのもある^q^

今日もウィッチャー3プレイ日記。

ケィア・モルヘンでの戦いが終わった後はサイドクエストしながら
一息つきたいな~とか思ってたんだけど、なんかどんどんメインストーリーが
進行していったのでそれを追う羽目に。
そんなわけで本日もメインストーリーの紹介になります。

ヴェセミルの葬儀を執り行った後、アヴァラックがゲラルトにワイルドハントを
倒すために作戦会議をするから集まった仲間に別れを告げた後来いと言って来ます。
そんな作戦あるならケィア・モルヘンで戦う前に言えよと思ったのは私だけだろうか。
まー今更そんな事を言ってもしかたないけどさ^q^

仲間に別れを告げ、彼らにその後どうするかを聞いたりします。
amarec(20151107-091233).jpeg
エスケル→ヴェセミルのいないケィア・モルヘンは考えられない。
冬を過ごす場所を探すために旅立つ。
エルミオン、ヤルマール→スケリッジに帰る。
ロッシュ、ヴェス→ノヴィグラドの野営地に戻る。
レソ→東へ向かって山を越える。後はテキトーに考えるさっ!
ランバート、キーラ→キーラのやりたい事を手伝うためにランバートが彼女に同行。
一緒に旅立つ。
ゾルタン→そういえば励ましてくれただけだったな・・・。ノヴィグラドに帰ったのかな??

ケィア・モルヘンに集ってくれた仲間たちのその後はこんな感じ。
彼ら一人ひとりにケィア・モルヘンに残ってくれという選択肢があったんだけど
(無い人もいた)今回はなんとなくそれを選びませんでした。
レソについては一応残るように言った方が良かったかなーと思ったけど(;・∀・)

彼らと別れを告げた後アヴァラックのもとへ。
そこにはイェネファー、トリス、シリもいて、再びワイルドハントに立ち向かうためには
女魔術師教会の力を借りるべきだと相談していました。
amarec(20151107-092045).jpeg
他に方法も無さそうなので、女魔術師たちの力を借りることに同意するゲラルト。
イェネファーは早速トリスと女魔術師たちのもとへ向かいます。
アヴァラックはシリに古の力の制御の訓練を行うというので、ゲラルトはそれに
付き合った後イェネファーたちと合流することにしました。

力の制御をするための訓練は難しいらしく、シリはなんだか投げやりに。
amarec(20151107-092314).jpeg
拗ねた彼女をフォローすべくシリに話しかけるゲラルト。
ここで選択肢発生。
amarec(20151107-092421).jpeg
下の選択肢を選ぶと、なんとゲラルトさんとシリが雪合戦し始めます(;・∀・)

なんでもこの方法、スケリッジのドルイドたちが何世紀も使ってきた手段なんだそうだ。
ほんとか?
ちなみにゲラルトはこの方法をヴェセミルに教わったそうです。
ヴェセミルとゲラルトで楽しく雪合戦か・・・。見たいような見たくないような(;´∀`)

なんにせよ雪合戦におおはしゃぎのシリちゃん。
amarec(20151107-092845).jpeg
超 可 愛 い
無邪気に笑うシリちゃん天使ですね~。ゲラルトさんもいい笑顔。
これが良い息抜きになったみたいで、シリは再びアヴァラックと訓練を始めるのでした。
上手くいって良かった良かった。

翌日ケィア・モルヘンで寝ているところをシリに叩き起こされるゲラルトさん。
amarec(20151107-092933).jpeg
シリはなんとヴェレンのはげ山で行われる魔女たちの集会に行くと言い出します。
アヴァラックの情報によると魔女たちの集会にあのワイルドハントの側近である
イムレリスがやってきて宴会に参加するみたいなのです。

ここでもまた選択肢。
amarec(20151107-093038)#01
まぁこの際皇帝の事は忘れよう^q^
ヴェセミルの仇を討つ絶好のチャンスなのでシリについて行く事にしました。

シリに連れて行かれた先はヴェレンのアード・セルビンという村。
ここで魔女たちの饗宴が行われるみたいです。
amarec(20151107-093439).jpeg
この話を聞いて一気にイムレリスに小物感が出てきたんだけど(;´∀`)
なんだか勝てそうな気がしてきたので、二人でイムレリスがいるであろう
はげ山の山頂を目指します。

宴会中の村に行くとその昔ヴェレンで見知った顔が!
amarec(20151107-094620).jpeg
ゴドリングのジョニーです。
早速彼に山の頂上に行く方法を聞いてみる事に。
すると山の頂上で貴婦人に会えるのは選ばれた若い男女3人のみで、
頂上に行きたいのならば選別をしているセクラという老婆のお眼鏡にかなった後
彼女から頂上への道にある門の鍵を貰うしかないと教えてくれます。

若い男女か~。シリはともかくゲラルトさんはちょっとまずそう。
とりあえずセクラ婆さんに会いに行く事に。

そして不安的中(ノ∀`)
amarec(20151107-095119).jpeg
精力なさそうなおっさんはだめ~って言われちゃいました。いやいやゲラルトさんは絶ry
俺精力も生命力もそこらの男よりあるから頂上行きたいです!
とアピールすると、深い湖の底に落ちた反逆者のオレンというコインを
取ってきたらシリと一緒に行ってもいいよと言われます。

霊薬もあるウィッチャーには朝飯前なのでとっととコインを取ってきて
婆さんに渡し、めでたくシリと二人で頂上に登ることになりました。
ちなみに別に霊薬飲まなくてもコインはゲットできます。

門を通り歩いていくと門番のような怪物に呼び止められるので
試練を越えた証拠として反逆者のオレンを見せるものの、それは死の宣告だと
言われて怪物に襲われてしまいます。これ婆さんに謀られたのかな?
二人で怪物を倒すものの、結構時間を食ってしまったので
二手に分かれて妖婆とイムレリスを倒そうと提案してくるシリ。
amarec(20151107-100039).jpeg
ゲラルトさんもイムレリスを倒したいので、公平にじゃんけんで決めることに^q^
amarec(20151107-100054).jpeg
こいつらめっちゃ余裕あるな・・・(;・∀・)

結果ゲラルトさんの勝利によりシリが妖婆、ゲラルトがイムレリスと戦う事に。
負けて悔しそうなシリちゃんも可愛いので必見です(`・ω・´)

ここからはまずシリを操作して妖婆たちと戦う事になります。
樫の木の根元にいるというアヴァラックの情報を元に歩いていくと、確かにそこで
三人の女性たちが人間をおいしく料理していました。
amarec(20151107-100311).jpeg
あれっ、なんかめっちゃ美人になってる!

しかしシリの乱入に気がつくと彼女たちはいつもの怪物の姿に戻り、
シリに襲いかかって来るのでした。
amarec(20151107-100429).jpeg
これむしろ人が見てないときに怪物姿になるべきじゃない?
貴婦人達ちょっとおかしくない?

さていよいよ森の貴婦人達と対決です。
3対1なんだけどシリがめっちゃ強いので特に苦戦しないと思います。
これシリでよかったよ、ゲラルトさんの方が絶対大変だったよ(;´∀`)

全員倒した後シリが本当に倒したかどうかを確認していると、
妖婆のうちの一人が生きていたらしく最後の力を振り絞って
シリからヴェセミルの形見のメダルを奪い、カラスになって逃げていってしまいます。

一方ゲラルトは山の頂上でイムレリスと対峙。
amarec(20151107-101232).jpeg
兜脱いで素顔見てるとなんだか勝てそうな気がしてくるのはなんでだろうw

イムレリスとゲラルトの戦いになります。
最初はそこら辺の盗賊と変わらない動きなので攻撃を避けやすいんだけど、
途中から瞬間移動→殴り を連続でしてくるのが厄介。
まー見てればよけるタイミングが分かってくるのでなんとかなると思います。
念のためにクエンはかけておいたほうがいいと思います。

ある程度HPを減らすとムービー。
amarec(20151107-101903).jpeg
ヴェセミルと同じように体を持ち上げられ絶体絶命のゲラルト。
しかしイグニをイムレリスの顔面に浴びせ難を逃れます。
流石のイムレリスもこれは効いたようで、ゲラルトを投げ捨てて
兜を脱ぎます。中の顔はもちろん火傷でドロドロ・・・。

うろたえているイムレリスに彼の武器であるでかい鈍器で止めを刺す
ゲラルトなのでした。とどめシーンは暗転するんだけど頭が潰れる音が
聞こえてなんかちょっと怖かったです(;・∀・)

イムレリスを倒した後はシリと合流。
二人でワイルドハントの王エレディンを倒す決意をあらたにするのでした。
amarec(20151107-102042).jpeg

山頂から降りて村に戻ると、村人たちは樫の木が枯れてしまったと
大騒ぎしていました。魔女たちを倒したから枯れちゃったんだろうねえ(;・∀・)

ゲラルトとシリは沼地の妖婆たちを倒した事を話し、今まで妖婆たちに
治められてきたこの土地はもう村人たちのものだから自分たちやっていけと
言うのでした。生贄を捧げる必要はなくなったけど、妖婆たちの恩恵を
受ける事ももうできなくなっちゃったんだよね。

ここでイムレリスの死体から魔法のドングリを拝借してると選択肢が出ます。
amarec(20151107-102327).jpeg
なんだか可哀相なのでドングリはあげちゃいました。
ただもう一つの選択肢でドングリをあんなもの扱いしてるのが気になるけど。
やっぱ妖婆お手製アイテムだからろくでもないものなんだろうか。

イムレリスを倒してヴェセミルの仇を無事とったゲラルトとシリは、
イェネファー達と合流するためノヴィグラドへと向かいます。

それにしてもなんかイムレリスあっさり死んじゃって拍子抜けでした(;・∀・)
ケィア・モルヘンで見たときはめちゃくちゃ強そうだったから
まさかゲラルトさん一人で戦う展開になるとは思って無かったです。

倒せたのは良かったけど雑魚っぽくなってたのが残念。
まー洋ゲーあるあるではあるんだけど。
スポンサーサイト



category: WITCHER3(クリア)

thread: ウィッチャー3

janre: ゲーム

tb: 0   cm: 5

コメント

雪合戦って・・・何だか、ほのぼのしますよね。
他のゲームでも途中で出て来て、その時、ほんわかした気分になったもの。

前回のコメにも似たような事を書いたけど、ラスボスとかよりも、雑魚敵の方が強かったりw
これも他の洋ゲーでも見られたなw

Necoco #- | URL
2015/11/13 07:23 | edit

途中でジョニーが出てきますが、ノヴィグラドにいるゴドリングの女の子を屋敷から追い出してると、ジョニーと一緒に出てきてくれますよ。個人的にジョニーは好きなキャラなんで、一緒に暮らす相手が見つかるルートは好きです。

髭 #- | URL
2015/11/13 08:48 | edit

ケィアモルヘンでのイベントは色々と面白かったですよねw
ヴェセミルの死にはかなり衝撃的でしたが・・・・。
ほとんど死亡フラグを最後の方まで立てずに逝ってしまったのでプレイしていてショックでしたよw

イムレリスのところは私もパワーバランスおかしいな~?と思っていましたw
ケィアモルヘンではあいつと正面切って戦うとやばい!て感じだったのに結局ゲラルト一人で勝ってしまいますからね・・・・。

宴会でお酒でも飲みすぎていたかな?w

なんにせよもうちょっとでクライマックス!(サブクエ放置すればw)
もにょ子さんのエンディングがどうなるか楽しみにしています。


30代のおやっさん #- | URL
2015/11/13 11:12 | edit

わたしは難易度をハードでやっていますが、イムレリスけっこう強かったです。

初戦は死んでしまったし、2戦目も霊薬中毒になりながら倒しましたw

イムレリスの魔法のドングリなんてあったんですね! 雪合戦イベント見てないし、このゲーム他の方のブログを見て再発見することも多いので、ブログを見るのが楽しいです。

Sapphire #- | URL
2015/11/13 11:17 | edit

>Necocoさん
和みますよねー(´∀`*)
殺伐としてるシリとゲラルトが二人で雪合戦してるのはすごく可愛かったです。

洋ゲーのクライマックスあるあるはウィッチャー3でも
見られるようです(ノ∀`)

>髭さん
初めまして、コメント有難うございます。
おおー、そんなルートもあるんですか!
追い出さないと夢見術師と一緒に暮らすので良かったと思ってたんですが
確かにジョニーと一緒に暮らすルートでも良さそうですね。
面白い情報有難うございました!

>おやっさん
確かにヴェセミルって死亡フラグぜんっぜん立ってませんでしたね・・・。
それだけにネタバレ知らないと相当ショックだったろうなと思います。

イムレリスやっぱり違和感ありますよねw
酔っ払ってたということにしておきましょうか(ノ∀`)

サブクエはやっぱりやっちゃいますが、今年中にはウィッチャー
終われそうです。頑張ります!

>Sapphireさん
Sapphireさんそういえば難易度ハードでしたね~、よくここまで
クリアできてるな~と尊敬します(;・∀・)

イムレリスの死体を調べると魔法のドングリゲットできましたw

終盤になるにつれてメインストーリーでも微妙に展開が違ってきてる
んですよね。私も他の人のブログ見ててすごく面白いです(´∀`*)

もにょ子 #- | URL
2015/11/13 17:25 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nyonyonyon.blog76.fc2.com/tb.php/611-82966343
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Twitter始めました!

カウンター

ブログ内検索

ブログランキング

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

過去の記事倉庫

▲ Pagetop